記事一覧

亀戸銭座跡。

ファイル kame20091208.jpg

 今は繁華街の代名詞の「銀座」。ですが、元をたどれば「金座・銀座」という名前はその名の通り金貨(小判)や銀貨を鋳造する施設やお役所のことだったそうです。さて、昔の日本の貨幣でも庶民が手にする頻度が高かったであろうもの。それは「銭貨」。
時代劇の「銭形平次」などでおなじみの、真ん中に四角い穴のあいた「寛永通宝」などの「銭貨」を作っていた「銭座」というものが、昔の亀戸にはありました。それが「亀戸銭座」です。

 亀戸銭座では17世紀~18世紀ごろに「寛永通宝」を作っていたそう。実際に、この付近で団地を立てる際、数多くの寛永通宝が見つかったりもしたそうです。

 今は、この銭座跡を示す左の写真の記念碑が建てられています。場所は、亀戸と錦糸町の境目、横十間川沿いです。

タグ:銭座 モニュメント 江戸 歴史

一雨ごとに寒さが増す今日この頃。

ファイル kame20091201.jpg

 気がついたら、もう12月に入っていました。一雨ごとに寒くなるなあと思ってはいましたが、そりゃ寒くて当然ですよね(笑)。

 今年は例年よりも紅葉が長いなんていう報道もあるようですが、亀戸2丁目の文泉公園も、遠くから見るとこの一角だけ黄色く色づいております。とはいえ、この寒さでは紅葉した葉が全てなくなるのも間もないですかね。

 そうそう、寒くなってきたなあと思っていたら、私、先日初めて腰にグキッと来てしまってびっくりしました・・・。一晩で痛みは治まりましたが、重いものを持つときにはどうしても気になってしまいます。

 一晩・一雨でガクッと寒くなるこの季節。巷ではインフルエンザもまだまだ猛威をふるっているようですが、寒くなるとどうしても硬くなる関節、縮こまる身体。病気だけでなく、ケガにも要注意!です。

タグ:文泉公園 紅葉

意外と気がつかないものです。

ファイル kame20091117.jpg

 亀戸駅北口を出てすぐ、明治通りを南へ抜ける高架下。駅を出て目の前真正面なので是非気をつけてみていただければと思うぐらい、大きな壁画があります。壁画に描かれているのは、龍眼寺の萩の花や、水上バス、亀戸大根?など。そして、その右寄りに描かれているのは「かめいどのめいしょにいきな姿の水上バス どんとこい江戸っ子待っている」という文。

 この壁画は、1985年の江東区水上バス就航に伴って設置された亀戸乗船場に由来するもの。水上バス就航にあわせ、駅周辺の美化を図って区が作ったそう。残念ながら現在、江東区水上バスは1998年に廃止されてしまっており実物を見ることはかないませんが、川を行く姿はこの壁画で見ることができます。

 亀戸二丁目周辺には、水上バスにちなんだものがまだちらほらありますので、また紹介させていただきますね。

タグ:亀戸駅北口 水上バス

ぐっすり眠れるホテル

ファイル kame20091110.jpg

 個人で旅行に行ったときに泊まるホテルは移動に便利な駅前のビジネスホテルが多いのですが、数ヶ月前、ビジネスホテルを取上げたテレビ番組で、“本当の快適睡眠”を追及しているというホテルが紹介されていました。『枕が替わるとなかなか寝付けない』という人も多いですよね。
是非泊まってみたいなとインターネットで検索したら・・・あら、亀戸にもあってびっくり(何故今まで気がつかなかったのか・・・)

 オリコン顧客満足度調査一位を獲得という「スーパーホテル」さんでは、快眠のためにホテル内廊下・お部屋の照明を抑え目にしているのですって。また、チェックインの際に6種類の枕から自分の好みのものを選ぶことが出来るのだそう。全国に100店舗近くあり、天然温泉付の店舗などもあるそうなので、今度どこかへ旅行に行く機会があったら是非泊まってみたいな~。

 亀戸のスーパーホテルさんでは、週末はディズニーランドへ行く人の利用も多いそうです。東京・下町エリアへのお出かけの際には是非亀戸への宿泊もご検討下さい。

スーパーホテル http://www.superhotel.co.jp/

タグ:ホテル 睡眠

亀戸天神、菊祭り

ファイル kame20091104.jpg

 今の時期、菊祭りに行ってみると、ちょうど七五三の着物を着た可愛らしい子どもさんを見かけます。

 カメラを持ったご年配の方が、菊の前でそのお子さんの写真を撮影している、とても微笑ましい情景を見ることが出来ました。

 何気なく見かける菊も、よく見ると花弁がしっかりしており、また色とりどりの品種の異なる菊の見事さに驚きました。

 観賞用の菊とは別に、食用の菊の食感をフッと思い出したのは、卑しい私だけでしょうか。さっと茹でてから酢に合えた菊の歯ごたえを、突然思い出しました。

 今年の開催期間は、10月25日~11月22日となっております。

タグ:亀戸天神 祭り

まちをきれいに~亀戸駅周辺清掃活動

ファイル kame20091028.jpg

 去る10/24(土)、(社)江東東法人会・社会貢献実行委員会主催による「まちをきれいに~亀戸駅周辺清掃活動」が行われました。朝9:00過ぎから、亀戸駅前に黄色いジャンパーを着た有志達が続々と集まり、セレモニーでテンションを上げた「清掃部隊」は気勢を上げて各担当区域へと迅速に移動。こうして亀戸駅周辺地域の路上清掃ローラー(?)作戦が繰り広げられたのでした。
  いざ、清掃を始めると「こんなにもゴミが落ちていたのか!」と驚くあまり、自ずと熱くなって清掃に力がはいります。小さなゴミも見逃さないよう血眼でゴミを探しては、見つかったターゲットを箒とちり取りで確保して行く快感・・・(笑)
地元の方々から嬉しくも暖かいご声援をいただきながら、あっという間に清掃時間は終了しました。
  個人的には、清掃に夢中になりすぎたあまり、時折、無意識で通行のジャマをしてしまっていたのが悔やまれます。次回の清掃活動の際は、今回のそう言った反省点をふまえより精進したいと、綺麗になった街の爽快感に浸りながら決意を新たにした次第の「まちをきれいに~亀戸駅周辺清掃活動」でした。

タグ:まちをきれいに 清掃

休日の亀戸(1)。

ファイル kame20091019.jpg

 亀戸の西のはずれ、錦糸町との境目にある「横十間川」。
横十間川は江戸初期の1659年に開削されたそうで、「江戸城から見て横に流れていた、幅十間(18m)の川」ということでこの名前になったそう。亀戸天神の横を流れることから「天神川」との別名もあります。この川をずっと南下して行くと「横十間川親水公園」という大きな公園もあって、なんと和船にも乗ることが出来るそうです(乗船日などは要確認)。

 横十間川沿いでは、天気の良いときには釣りをする方を良く見かけます。何がつれるのかと、船着場で釣っていた親子連れに聞いてみると、ハゼが良く釣れるのだそう。川中にはボラの姿も見えましたが、こちらは簡単には釣れないようです。

 船着場から道路に上がると、目の前にあったスーパー前の駐車場ではフリーマーケットが行われていました。ノボリが出ているところを見ると、時々行われているのでしょう。たくさんの人でにぎわっていました。

タグ:休日

再びカメパン。

ファイル kame20091014.jpg

 亀戸の町をふらふら歩いていたら、パン屋さんの店頭にかわいい三段のカメ型パン。これはネタになる!と思って写真を撮ってきたのですが・・・既に他の担当者が紹介していたようです(汗)。とはいえ、それだけこのパンが一目をひくと言う事ですね。前とかぶるかもしれませんが、再度紹介。

 左の親亀・小亀・孫亀パンは、亀戸天神参道にある「パルファン キムラヤ」さんの亀さんセットで、中身はつぶあんとこしあんだそう。

 「亀戸」という地名だけあって、他にも「亀」ネタは意外とあちこちに隠れているようで、前に紹介した宝くじ売り場なんかもそうですね。ディ●ニーリゾートの隠れミッ●ーほど隠れているかどうか・・・はわかりませんが(笑)、下町・亀戸で「亀」探しも楽しいかもしれませんね。

タグ:あんぱん

どこだかわかります?

ファイル kame20090930.jpg

 左の写真は、以前も紹介したことのある、比較的人がたくさん通るところなのですが、ドコだか分かりますか?亀戸をちょくちょく歩く方ならぴんとくるはず。

 たぶんすぐわかっちゃうと思うんですが(笑)亀戸サンストリート横にある緑道公園です。公園の大きな道路との境目に立っているポールの頭に、リスが居るんです。

 京葉道路沿い側にも居るので、要チェックです。

 意外とガードレールって、凝ったものが多いんですよ。ガードレール関係のネタは他にもいくつかあるので、また紹介しますね。

タグ:サンストリート 緑道 公園

9月は防災月間ですが。

ファイル kame20090918.jpg

江東区と江戸川区の区界にある江東新橋。その袂にある亀戸中央公園のはずれに、ぽつんと船着場がひとつ。近くにいくと「防災船着場」の看板が立っていました。

 江東区のHPによると防災船着場とは「災害や緊急時に物資や人員の輸送に活用できるよう、維持管理」しているもののよう。残念ながら一般の船舶は停船できないようですが、防災のために水路の整備も行う。川や海など水辺の多い“水彩都市”江東区ならではですね。

 そういえば明日から「しるばーうぃーく」。お出かけのご予定を立てている方も多いことでしょう。過しやすい秋の休日、遠くにお出かけもいいですが、近所の公園へお散歩もいいですよね。

タグ:亀戸中央公園