記事一覧

筆塚祭(ふでづかさい)

午前10:00より、亀戸天神・大鳥居くぐって右側の筆塚前にて。

使用済みの筆や書を祭壇にお供えしてもらって、書道上達と感謝をお祈りします。なお、古筆・清書などは祭典終了後に筆塚の前でおたきあげするそうです。

詳しくは、亀戸天神社のHPで。
http://www.kameidotenjin.or.jp/events/monthly02.html#0701

タグ:亀戸天神

ルネサンス亀戸でフリーマーケット開催

2011年07月24日(日) ★雨天中止
【住所・場所】 東京都江東区亀戸2-1-1〈施設駐車場にて〉
【開催時間】 10:00~15:00

タグ:フリーマーケット

亀戸中央公園フリーマーケット開催

2011年07月18日(月)~2011年07月19日(火)  ★雨天中止
【開催時間】 9:00~15:00

タグ:亀戸中央公園 フリーマーケット

スカイツリーの装飾(?)

ファイル kame20110713.jpg 先週の土曜に梅雨明けらしき報道もありましたので、これからしばらくはスカイツリーの姿が亀戸からもくっきり見えるのではないでしょうか。(雨が降ると、画像加工したかのように見えないのです。)

 スカイツリーの高さが634mに到達して早4か月。展望台に乗っていたキリンのようなクレーンも、残り1基となったようです。

 ところで、クレーンが解体された第一展望台と第二展望台の間に、突起状の何かが設置され始めました。これ、何なんでしょう?
クレーンを支えていた支柱…には見えないし、アンテナの土台、にしてはみな同じ方向に整列しているし…。知ってたら誰か、教えてください(笑)

タグ:スカイツリー

まちきれ2011~亀戸

ファイル kame20110521.jpgファイル kame20110521-2.jpgファイル kame20110521-3.jpg

 約半年に一度、法人会さんが主宰している「まちをきれいに」(通称まちきれ)に、今回も参加してきました。

 今回担当したのは線路わきから税務署さんのあたりまで。ぐるっと一周すると、普段気が付かないのにごみがあるわあるわ。

 また、ごみなのかどうなのか判別の付かないものも多々あって、地味に困りました。

 なかなか腰が重く、自主的に掃除ってしずらいですけど、スーパーコピーこういう奉仕活動への参加って、清々しくなれていいですね。

タグ:まちをきれいに 清掃 法人会

七五三と、菊祭り。

ファイル kame20101115.jpg

 本日は、11月15日。七五三の日ですね。あいにくと雲がいっぱいで、夕方にはぽつぽつと降ってきてしまいましたねー。街中で一組二組ぐらい見かけるかしら?と思ったのですが、当日に七五三のお参りをする方は少ないのでしょうか?残念ながら私は見かけませんでした。残念。

 さてさて、写真は亀戸天神の「菊祭り」の一角です。アン●ンマンがおりましたよ。どうも菊祭りのお人形って昔ながらのイメージでしたが、最近のものも色々あるんですね。

 菊祭りは今週の日曜、21日まで(のはず)。紅葉も各地見ごろとなっていますので、お散歩に、是非。

(Photo:SK、TEXT:YK)

タグ:亀戸天神

秋晴れの下、「まちをきれいに」。

ファイル kame20101109.jpg

 昨年のこの時期にも参加した江東東法人会の「まちをきれいに」略称“まちきれ”に、今年も参加してきました!前回は亀戸でしたが、今回はお隣の大島エリア。
  写真は、開会のときのお話や注意事項を聞いているとき。(掃除している最中は撮るのを忘れた・・・)。亀戸地区の参加者は、西大島から大通りをずーっと大島駅までごみを拾っていったのですが、不法投棄?らしき粗大ごみ(ストーブとか)、朽ち果てた金属の看板やらの大物から、意図せず落としてしまったであろう壊れたキーホルダーやぽい捨て筆頭の吸殻などまで、普段あまり気に留めていないけれどいろいろなものが落ちておりました。

 普段から、「まちをきれいに」!を心掛けたいですね。

(Photo&TEXT:YK)

タグ:まちをきれいに 清掃 大島

♪村の鎮守のかみさまの~♪(?)

ファイル kame20101021.jpg

 めっきり秋になってきました。ご無沙汰の更新で申し訳ございませんm(_)m。各地で色々と秋祭りが催されているようですね。

 ちょっと前の話題(10/2~3)ですが、お隣の墨田区で、第35回すみだまつり・第40回こどもまつりが錦糸公園で開催されていました。
今のところ錦糸公園は児童遊園と野球場が工事中になっていますが、最近新しくなった総合体育館では、バザーやステージで戦隊ショー、ダンスなどが行われていて、とても盛り上がっていました。
写真は屋外の広場の様子です。模擬店などがたくさん並んでいるのですが、人が多すぎて全体像は撮れませんでした・・・!
途中、私は子ども達とベーゴマで対決しましたが・・・負けましたー。最近の子はベーゴマが強い。
大人も子どもも楽しめる場所がいっぱいでした。

(Photo&TEXT:SK)

タグ:錦糸公園

♪もっしもっしカメよ~カメさんよ~♪

ファイル kame20100914.jpg

 やっと天気予報で「猛暑日」を見なくなった今日この頃。暗くなるのもずいぶん早くなってきました。秋の気配が見え隠れしてきましたね。

 さてさて亀戸駅前、HANEKAMEのある広場の隣に「かめ・うさぎ児童遊園」という小さな公園がございます(広場と隣接しているので境目が分かりづらいですが・・・)。
入り口にはかめとうさぎのオブジェがあり、公園内に10個ある小さなベンチにはイソップ童話の「ウサギとカメ」が順番に描かれています。写真の続きが見たい方は、是非公園に立ち寄って見てくださいね。イラストも可愛らしくて、ほのぼのとした気分になれると思います。

 それにしても、イソップ童話でも童謡でも、タイトルは「ウサギとカメ」なのに、公園の名前は「カメとウサギ」という順番になっているのは「亀戸」という土地柄、なのでしょうか・・?(笑)

(Photo&TEXT:KT)

タグ:亀戸駅北口

ドラム缶発祥の地。

ファイル kame20100831.jpg 亀戸の地に、ドラム缶発祥の碑があることを知りました。墨東病院東側横十間川をはさんで、日鉄タワービルがあり、訪ねてみると、その裏手にいくつかあるモニュメントの一つにその碑文が刻まれたプレートがありました。
その碑文を紹介しておきます。

<ドラム缶発祥の地>
わが国におけるドラム缶の製造は, 昭和4年日本石油(株)下松精油所で自家用として生産したことに始まるといわれているが, その後昭和7年3月, 先進的な事業家本野吉彦が合資会社日本ドラム罐製作所を設立, この地にわが国初めてのドラム缶製造専門工場を建設し, 商業生産を開始した。スチール製ドラム缶がアメリカで発明されてから僅かに30年後のことである。
以後長い間この工場はわが国ドラム缶製造の中心として活躍したが, 日本経済の高度成長に伴う需要量の増大と技術の進歩に対応するためには新立地による新鋭工場の建設が不可欠となり, 当地のわが国最初のドラム缶工場はその使命を終えて昭和49年10月製鐵ドラム株式会社を合併し日鐵ドラム株式會社として新たな出発をしたが, 平成6年, その発足20周年を迎えるにあたり, ドラム缶製造工場発祥の場であるこの地に, 日鐵NDタワーを含む“NDプラザ”をその記念として建設した。

平成8年10月
日鐵ドラム株式會社
代表取締役社長
安東成海
HISTORICAL LANDMARK OF STEEL DRUM

 ドラム缶を発明したのはアメリカ人で、世界初の女性新聞記者でもあった。
それまでの木の樽に代わるものとして考え出された。1903年にデザイン登録し、200リットルドラム缶の生産を始めた。
日本に輸入されたのは、1924年。
ドラム缶というものは、容器としてはかなり優れていると思います。

(Photo&TEXT:YK)

タグ:ドラム缶 発祥