記事一覧

下町のローカル電車~東武亀戸線~

ファイル kame20100210.jpg

 JR亀戸駅のホーム平井駅寄りから、私鉄ホームが見えます。『亀戸って総武線以外に走ってたっけ?』なんて声も聞こえてきそうですが、「東武亀戸線」と言う、“亀戸”の名がついた電車です。
  1904年の開業当時は「本線」扱いだったそうですが、sanndaru激安駅の新設・統廃合などの紆余曲折を経て現在の「亀戸~曳舟間 5駅3.4km」の路線となったそう。昼間は10分間隔の2両編成でワンマン運転。東京23区内を走る電車にしては、えらくローカルな雰囲気が漂っております(苦笑)。
  私は通勤で利用していますが、のんびりとしたこの路線がけっこう気に入っています。写真でも右後ろに姿が写っていますが、車窓に東京スカイツリーを眺めながらの通勤もなかなか楽しいです。・・・東京スカイツリーの開業する2012年に自分が○○歳(内緒)になっているのかと考えるとおそろしくもありますが・・・(笑)。
(Photo&TXT:KT、Edit:YK)

タグ:東武亀戸線 電車